過労死 【かろうし】

過労死【かろうし】とは、働き過ぎによる疲労の蓄積で死亡することです。労災認定基準は、1ヶ月の時間外労働が100時間以上となるか、死亡前の2~6月の間に時間外労働が80時間以上あることになります。それ以外にも、厳しい納期からくるストレスや上司等からの心理的圧迫が原因にある自殺も、過労死と認定されることがあります。

用語集へ戻る