固定残業 【こていざんぎょう】

固定残業【こていざんぎょう】とは、給与の中に、一定時間までの残業代を含めてしまうことで、残業代の計算の基となる賃金を圧縮する方法です。副次的な効果として、短時間労働のインセンティブにもなります。但し、不利益変更にあたる場合が多いので、導入には注意が必要です。

用語集へ戻る