労働審判 【ろうどうしんぱん】

労働審判【ろうどうしんぱん】とは、労働者と使用者との間で生じた労働関係のトラブルについて、迅速に解決する制度のことです。労働裁判官(1名)と労働審判員(労働者側1名、使用者側1名)で構成される「労働審判委員会」が、地方裁判所で原則3回以内の審理を行い、問題の解決にあたります。

用語集へ戻る