労働基準法 【ろうどうきじゅんほう】

労働基準法【ろうどうきじゅんほう】とは、1947年(昭和22年)に制定された、労働に関するさまざまな規制を定める法律のことです。賃金や就業時間、休憩などの勤労条件に関する「最低限の基準」となっており、国内のほとんどの企業や労働者に適用されます。時代の流れや働き方の変化に沿って、改正が行われています。

用語集へ戻る